SEIJO CORTY 成城コルティ

ホーム > 成城を歩く > 富士見橋と不動橋
成城を歩く

富士見橋と不動橋

富士見橋と不動橋

寄り添いながら、街を見守りつづけるふたつの橋

富士見橋と不動橋。このふたつの橋は、成城に数多くある橋のなかでもペアで名高く、高台から100年以上もの間、街を見守ってきました。時代とともに変化をとげてきた風景や庶民の暮らしを知る、歴史の証人ともいえるでしょう。
今や、日本有数の高級住宅地として、瀟洒な家々や店が建ち並ぶ成城。しかし、富士見橋と不動橋が架けられた当時は、手つかずの山地で、人がほとんど住んでいなかったのだとか。橋も、コンクリートで整備された現在のそれとはほど遠い、木造の小さなものだったようです。


そして戦後、農地改革で田畑がつくられ、人が増え、いつしかふたつの橋もコンクリートのものへと変わっていきました。しかし、いつの時代も橋に立てば、下には列車が颯爽と走り抜け、目の前には白い頂の雄大な富士山の姿があったのです。近年新しく改装された富士見橋には、ベンチのあるバルコニー空間も設けられているので、散歩の休憩などに、ぜひ訪れてみてください。


世田谷の往時をしのぶ次大夫堀公園と民家園初代の橋を見られる貴重な写生帖
成城の見どころとして、広く知られる富士見橋と不動橋。しかし、昔の橋を知ることができる資料は、ほとんど残されていません。そんな橋の、初代の姿を見られる貴重な資料のひとつに、画家・丸山永畝の写生帖があります。同画家は、昭和25年以降、晩年の十数年を狛江で過ごし、狛江・世田谷・多摩川周辺の風景画を数多く写生しました。崖線に切り立つ木々や、走り去る列車、農村に佇む民家が力強い墨のタッチで描かれており、往時の農村の空気感までもが伝わってきます。
※風景画はすべて『野の画人・丸山永畝の写生帖』世田谷区立郷土資料館発行より抜粋


富士見橋と不動橋

世田谷区成城2丁目〜5丁目の小田急線上。成城学園前駅側に位置するのが
富士見橋。それと並行して喜多見駅側に位置するのが不動橋。 
アクセス/小田急線「成城学園前」駅より徒歩約5分





※当コンテンツの内容は2007年9月時点の情報です。詳細は各施設にお問い合わせください。
ページトップ

Copyright(c)2008 SEIJYO CORTY All rights reserved.